広島大学医学部医学科 MD-PhDコース

MD-PhD Q & A

そもそもMDとPhDとは?

MDはMedical Doctorの略称、PhDはDoctor of Philosophyの略称です。日本においてMDとは医学部卒業の学位を意味しており、簡単に言うと医師であればすべての人がMDに相当します。PhDとは大学院の博士課程を修了した者に与えられる学位のことで、博士号のことを意味します。
通常の医学部医学科のカリキュラムにおいては、高校卒業後に大学の医学部に進学し、6年の教育を受けて国家試験を受験します。合格後は医師として初期研修を2年間行い、早ければその後に大学院に進学できます。 よって大学院で研究を始めるに当たり、最速でも26歳からのスタートとなります。
大学院博士課程は4年と定められていますが、成績によっては3年での早期修了も可能です。いずれにしても、医学部を卒業してから大学院に進学する従来の方法の場合においては研究のスタートの遅さが問題となっています。
また、医学部を卒業しても、臨床医学(内科学、外科学など)の研究をする人は多くいますが、基礎医学(生化学、生理学など)やその両方(病理学など)、また社会医学(公衆衛生学や疫学など)に携わろうとする人が不足しているのが現状です。 その原因の一つとして、早期から研究に取り組めないことが挙げられています。 さらに、研究を志す学生を初期から確保できないことがその根本ともされています。
そこで登場したのがMD-PhDコースです。

広島大学MD-PhDコースとは?

通常の医学部の課程は6年、博士課程(医学)の年限は4年となっています。しかし、MD-PhDコースに入学した学生は、4年生までは通常の学士課程教育を受け、入学5年目に大学院に進学、 3年から4年間、大学院博士課程で研究に専念し博士号を取得します。その後、学士課程の5年生に復学し、2年間臨床実習を受けた後に国家試験に臨みます。 基礎医学、社会医学の研究医を養成することを目的としたコースです。(Link参照)
このコースに進学すると、通常のカリキュラムの場合と比較して4年以上も早く研究をスタートさせることができます。研究医を目指す学生にとっては画期的なコースです。

MD-PhDコースへ進む方法は?

広島大学医学部医学科の光り輝き入試(AO入試)に合格する、一般入試で医学部医学科に入学し4年生の時点でMD-PhDコースへの編入を申請する、の2つの方法があります。光り輝き入試(AO入試)で入学した学生は必ずMD-PhDコースに進むことになります。 AO入試の出願には各種科学オリンピック出場、または学術的な大会や学会発表での受賞などが必要となります。(Link参照)

現在の在籍人数は?

学部(B)5年(医学博士):3人、大学院(D)3年:3人、D2:2人、D1:4人、B4:2人、B3:5人、B2:4人、B1:1人の合計24人が在籍しています。(2019年4月現在)
男女比は20:4です。

基礎棟付近によくいる猫

かわいいですね。